手の痺れ・腕のしびれを完治するためには痛みとしびれ専門の当院へ。

手の痺れを完治させるには専門の技術と問診術が必要です。手の痺れでお悩みの方は六本木石井堂整骨院(港区カイロプラクティック整体院)へ。

手の痺れは様々な要因で起こります。
痺れはどこの範囲がどのような姿勢ででてくるかによって原因となるところが異なります。
また、神経は血管と並走していますので血管も一緒に圧迫され、“冷たさ”や“だるさ”といった症状になることもあります。

マッサージやストレッチで治らない、または少し良くなってもすぐ戻ると思いますが、それはマッサージやストレッチでは手の痺れの治療には何か足りないという事を表しています。

まずはどこが原因でしびれているのか、整形外科テスト・筋力検査・知覚検査などを行い絞ります。その上で圧迫している原因と取り除いていきます。

本気で手の痺れを治したいと思われる方へ、徹底的に手の痺れを分析しましょう。

手の痺れの原因とは?

手の痺れ・腕のしびれ|港区六本木カイロプラクティック整体・整骨院

手の痺れの原因の種類

・頚椎症
・椎間板ヘルニア
・胸郭出口症候群
・様々な筋肉による圧迫
・リンパ節炎症などによるむくみ
一例ですので、他に沢山存在します。適格な治療が必要だという事がわかると思います。

上記の様な疾患になる根本的な原因は重力による骨(関節)と内臓のゆがみ、ストレスや疲労、環境(気温や湿度)からくる脳と内臓の疲れです。

手の痺れの原因は下記のとおりです。

①サブラクゼーションの形成

サブラクゼーションとは、関節のゆがみ(ズレ)によって背骨から出る神経のバランスを崩した状態を示します。日本語で言うと、関節の神経機能障害ともいえます。

サブラクゼーションの形成により、神経痛や筋肉の凝り(トリガーポイント)、関節痛などを二次的に発生させます。

②内臓器の機能低下

手の痺れと内臓は一見関連がなさそうですが、とても関連があります。肝臓や胆嚢に病気や疲労があると、右の肩が凝りますし、脾臓や胃が弱い方は左の肩が凝ります。また横隔膜の緊張は首が凝ります。凝りによって筋肉が硬くなり神経を圧迫すると痺れが起こります。

内臓器の機能低下は①サブラクゼーションの形成によって、背骨から出る自律神経が軽微な圧迫される原因の時もあれば、東洋医学でいう氣血の流れが滞って五臓六腑(内臓器)の機能低下を引き起こす場合もございます。

手の痺れの治療法

手の痺れの原因で説明した部分をしっかりと治療する事が手の痺れを完治するためには必要不可欠です。

一般的な病院(整形外科)、整骨院や鍼灸治療院と当院の治療法を説明致します。

病院(整形外科)の手の痺れ治療

  • シップの投薬
  • 首の牽引
  • 注射
  • 飲み薬(筋弛緩剤)

※病院(整形外科)は西洋医学であり、西洋医学は対処療法のスペシャリストです。症状に対して、その症状を消せるであろうお薬を処方するのが一般的です。

一般的な鍼灸整骨院・整体

  • マッサージ
  • 患部の電気
  • ストレッチ
  • 患部周辺の筋肉にアプローチする鍼(はり)
  • 三角ブロックなどを用いた簡易的な骨盤矯正やカイロプラクティック(ソフトカイロ)

※整骨院や鍼灸治療院も、首や肩、腕の筋肉を緩めるため、患部を中心にマッサージやはりを行うところが一般的です。

※ソフトカイロはあくまでも簡易的であり、カイロプラクティック理論のリスティング(一つ一つの骨を触ってズレを見極める事)とアジャスト(矯正)をしない施術ですので、位置づけでは根本治療ではなく、対処療法です。アジャスト(矯正)に加え三角ブロック(ソフトカイロプラクティック)を行うなら良いですが、三角ブロック(ソフトカイロ)とマッサージ、ストレッチ、トレーニングでは真のサブラクゼーション(ゆがみ・ズレ)は除去できないです。

当院(六本木石井堂整骨院・港区カイロプラクティック整体院)の肩こり治療

  • 内臓器の機能を上げるため、東洋医学理論に基づくアプローチ
  • サブラクゼーション(ゆがみ)を検出しカイロプラクティック理論に基づきアジャスト(矯正)
  • カイロプラクティック後に姿勢矯正トレーニング

当院では、根本的原因である、サブラクゼーションを検出し、アジャスト(矯正)する事で、首、肩への負担を早急に減らし、痺れの原因となっているものを早く治す事が可能です。

※真のサブラクゼーションを発見するのは、レントゲンやMRI・CTでは不可能であり、触って初めてわかるものですので、背骨や骨盤・股関節・膝関節などの骨を一つ一つ触らない先生は信用してはいけません!

※姿勢矯正トレーニングとは、患者様一人ひとりによって異なります。例えば腰の骨の5番目のズレだけでも種類は8種類あります。8パターンの歪みの種類によってトレーニングが異なります。安易にトレーニングをインターネットやテレビで見てやってしまうと良くなる方もいれば悪くなる事もあるということを覚えておいてください。ご自身にあったトレーニングはカイロプラクティックやオステオパシーをしっかり学んだ先生でリスティング(一つ一つの骨のズレ)が触ってわかる先生に尋ねましょう。

手の痺れの治す方法まとめ

  • シップやマッサージ、注射、ストレッチ、簡易的なカイロプラクティックなどは根本治療でなく、対処療法である。
  • 手の痺れを本気に治すためには、内臓器と骨格の両方を正す必要がある。
  • 内臓器の調整は東洋医学かオステオパシーが良い。
  • 骨格の矯正はカイロプラクティックが良い。
  • カイロプラクティックはリスティング(一つ一つの骨のズレが触ってわかる事)をして、一つ一つの骨をアジャスト(矯正)できる先生に受ける必要がある。

上記の事が重要です。

大切なお身体ですので、本気であなたに向き合う先生、勉強をしっかりとしている先生のもとで治療を受けてください。(全国でもほんの一握りの先生だけと認識してください。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加