肩甲骨・背中の痛み、こりなら専門の当院へ

肩甲骨・背中の痛み、こりを完治させるには専門の知識と技術が必要です。肩甲骨・背中の痛み、こりでお悩みの方は六本木石井堂整骨院・港区カイロプラクティック整体院へ。

肩甲骨のこり、痛みはマッサージやストレッチで対処される方が多いですが、一時的に楽になるだけで、再発する可能性がとても高いと思います。

それは単なるマッサージやストレッチでは根本的に完治していない証拠です。

本気で肩甲骨・背中の痛み、こりを治したいと思われる方へ、徹底的に肩甲骨・背中の痛み、こりを分析しましょう。

肩甲骨・背中の痛み、こりの原因とは?

肩甲骨 背中 こり 痛み 東京 港区 六本木 整体 カイロプラクティック

肩甲骨、背中の痛みやこりの原因は下記の事が考えられます。

①サブラクゼーションの形成

サブラクゼーションとは、関節のゆがみ(ズレ)によって背骨から出る神経のバランスを崩した状態を示します。日本語で言うと、関節の神経機能障害ともいえます。

サブラクゼーションの形成により、神経痛や筋肉の凝り(トリガーポイント)、関節痛などを二次的に発生させます。

重力→サブラクゼーションの形成→筋肉の緊張→ゆがみ→肩甲骨や背中の痛み・こりの形成

という順番です。

②内臓器の機能低下

肩甲骨・背中の痛み、こりと内臓は一見関連がなさそうですが、とても関連があります。

内臓器の機能低下は①サブラクゼーションの形成によって、背骨から出る自律神経が軽微な圧迫される原因の時もあれば、東洋医学でいう氣血の流れが滞って五臓六腑(内臓器)の機能低下を引き起こす場合もございます。

③ストレスや心理的

心因性疼痛と言います。

上記3つが基本的原因であり、①だけの時もあれば、①②どちらの場合もありますし、①②③全て複合型の肩こりの場合もあります。

肩甲骨、背中の痛み、こりの治療法

肩甲骨、背中の痛み、こりの原因で説明した部分をしっかりと治療する事が肩甲骨、背中の痛み、こりを完治するためには必要不可欠です。

一般的な病院(整形外科)、整骨院や鍼灸治療院と当院の治療法を説明致します。

病院(整形外科)の肩甲骨、背中の痛み、こり治療

  • シップの投薬
  • 首の牽引
  • 注射
  • 飲み薬(筋弛緩剤)

※病院(整形外科)は西洋医学であり、西洋医学は対処療法のスペシャリストです。症状に対して、その症状を消せるであろうお薬を処方するのが一般的です。

一般的な鍼灸整骨院・整体

  • マッサージ
  • 患部の電気
  • ストレッチ
  • 患部周辺の筋肉にアプローチする鍼(はり)
  • 三角ブロックなどを用いた簡易的な骨盤矯正やカイロプラクティック(ソフトカイロ)

※整骨院や鍼灸治療院も、肩こりの筋肉を緩めるため、患部を中心にマッサージやはりを行うところが一般的です。
※ソフトカイロはあくまでも簡易的であり、カイロプラクティック理論のリスティング(一つ一つの骨を触ってズレを見極める事)とアジャスト(矯正)をしない施術ですので、位置づけでは根本治療ではなく、対処療法です。アジャスト(矯正)に加え三角ブロック(ソフトカイロプラクティック)を行うなら良いですが、三角ブロック(ソフトカイロ)とマッサージ、ストレッチ、トレーニングでは真のサブラクゼーション(ゆがみ・ズレ)は除去できないです。

当院(六本木石井堂整骨院・港区カイロプラクティック整体院)の肩甲骨、背中の痛み、こり治療

  • 内臓器の機能を上げるため、東洋医学理論に基づくアプローチ
  • サブラクゼーション(ゆがみ)を検出しカイロプラクティック理論に基づきアジャスト(矯正)
  • カイロプラクティック後に姿勢矯正トレーニング

当院では、根本的原因である、サブラクゼーションを検出し、アジャスト(矯正)する事で、背中や首、肩への負担を早急に減らし、早く治す事が可能です。

※真のサブラクゼーションを発見するのは、レントゲンやMRI・CTでは不可能であり、触って初めてわかるものですので、背骨や骨盤・股関節・膝関節などの骨を一つ一つ触らない先生は信用してはいけません!

※姿勢矯正トレーニングとは、患者様一人ひとりによって異なります。例えば腰の骨の5番目のズレだけでも種類は8種類あります。8パターンの歪みの種類によってトレーニングが異なります。安易にトレーニングをインターネットやテレビで見てやってしまうと良くなる方もいれば悪くなる事もあるということを覚えておいてください。ご自身にあったトレーニングはカイロプラクティックやオステオパシーをしっかり学んだ先生でリスティング(一つ一つの骨のズレ)が触ってわかる先生に尋ねましょう。

肩甲骨、背中の痛み、こりの治す方法まとめ

  • シップやマッサージ、ストレッチ、注射などは根本治療でなく、対処療法である。
  • 肩甲骨、背中の痛み、こりを本気に治すためには、内臓器と骨格の両方を正す必要がある。
  • 内臓器の調整は東洋医学かオステオパシーが良い。
  • 骨格の矯正はカイロプラクティックが良い。
  • カイロプラクティックはリスティング(一つ一つの骨のズレが触ってわかる事)をして、一つ一つの骨をアジャスト(矯正)できる先生に受ける必要がある。

上記の事が重要です。

大切なお身体ですので、本気であなたに向き合う先生、勉強をしっかりとしている先生のもとで治療を受けてください。(全国でもほんの一握りの先生だけと認識してください。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加